当サイトについて

通販ナビ African Edventureではインターネットショッピングやテレビ通販などで、実物を見ることなく高いお買い物に失敗しない為に、人気商品の詳細レポートを発表しています。家電品は昔と違って全国のいろいろな地域に大型家電量販店があり敷地面積も広く、一つ商品を取ってみても色々なメーカーがあり種類もたくさん増えていて情報量が大きくなっています。家電俳優、家電芸人なんて言葉を耳にするようになって回りにも家電に詳しい人がたくさんいるかと思います。テレビを見てもしょっちゅうテレビショッピングをやっていますし、バラエティ番組でもよく家電量販店のお買い物情報やレポートなどを目にします。また、インターネットはこの10年、15年の間に飛躍的に普及して一昔前はメーカーのカタログ程度の情報でしたが今はインターネットショッピングがあたりまえ。価格競争も激しく一分ごとに値段が安くなったり、商品も見やすいし商品比較もわかりやすく、、もちろん電気店に出かけて買うより値段も安く、すぐに届くのでどんどんインターネットショッピングでの比率が上がっています。今後は、今インターネットショッピングで買えない物もインターネットショッピングで買えるようになり、今以上に世の中の中心になっていくと個人的には思います。
通販ナビ African Edventureはインターネットショッピングやテレビ通販の家電品や工具・作業用品を中心に買い物をする時に役立つ情報や感想などを日々の日常生活を交えてレポートしていきます。

最近の売れ筋アイテム
ここ最近特に人気急上昇アイテムを紹介します。まずは何と言っても最新型DVDデュプリケーターDCM-3DXです。これは従来品とは異なり、PCを使い必要が無いタイプのデュプリケーターですので単体でDVD等のバックアップやコピーができる優れものです。
次にこれからの季節的にも必需品であるエアコン 通販の中でも旧型製品がオススメです。つい最近までは最新機能と言われていた性能が、新型が出ただけで大きな差は無いにも関わらず一気にお安くなるのがエアコンの特徴です。これは要チェックですよ。
そして工具 通販全般がセール特価中ですので、工具の購入をご検討のお客様はこのタイミングをお見逃しなく!!家庭用のドライバーといったアイテムから業務用の切削工具まで幅広いラインナップがお買い得になっています。ちなみに業務用品の中でも最も注目を集めている商品は業務用高圧洗浄機です。
また長期のロングヒットが衛星放送チューナーの中でも高性能機SKYHDです。オリジナルEPGやUSB端子から外部の録画機器への接続対応など魅力的な機能が充実しているFTAチューナーです。

おすすめ商品カテゴリー紹介

この薄型テレビが買い!
薄型テレビの特徴や機種選びのツボがわかる基礎
液晶、プラズマといったパネルタイプ(画素タイプ)のテレビでは、垂直方向の画素数が650以上あること、16対9のアスペクト比(画素の縦横比)であること、D3、D4の入力端子を装備していること、という3つの条件をクリアしている製品がハイビジョン対応機種として位置付けられます。
これに対して、フルハイビジョン(フルHD)というのは、水平1920ドット×垂直1080ドット(1080i)というハイビジョンの解像度を、変換することなく常時できるパネルを装備したテレビを指す場合が多いです。本格的なハイビジョン時代の到来とともに、フルHD仕様の薄型テレビは着実に増えつつありますが、全体から見るとまだまだ少数派であり、一部の高級機に限られています。また「フルHD=高画質」というイメージがありますが、画質は画素数だけで決まるものではないので、要注意です。

大画面テレビは、どのくらいの距離から見るとちょうどいい?
以前のアナログ放送で採用していたNTSC方式の映像では、走査線が気にならなくなる距離ということで、画面の高さの7倍の距離(7Hという。Hは画面の高さを表します)離れて見るのがベストといわれていました。では、ハイビジョンの最適視距離はどのくらいなのでしょうか。一般的には、3Hや4Hで見るのが好ましいといわれていますが、これは、走査線が見える、見えないということよりも、16対9のワイド映像が視野にすっぽりと治まり、鈴所行かん豊に楽しめる距離ということです。
しかし最近の技術資料には「映画館並みの鈴所行かんを楽しむなら画角45度」という説明文が添えられていました。これを画面の高さで表すとなんと2.2H。ここまで近づいて見ても堪えられるだけのクォリティに達しているということです。

画面サイズにもいろいろあるけど、どう選べばいいの?
現在発表されている薄型大画面テレビの主な画面サイズは、26V型、32V型、37V型、40V型、42V型、46V型、50V型、65V型など、選択肢は実に豊富です。ただ、携帯やサイズは、製品によってかなり違うため、設置場所に無理なく治まるかどうか、金と湯に吟味する必要があります。画面サイズは、設置場所や視聴距離、予算などの兼ね合いから決めることになりますが、まず、設置する空間とのバランスを考えることが重要です。いくらおおきな画面が欲しいといっても、6畳間に65V型を入れるのは無謀というものです。たとえ、設置できても、見た目が窮屈で、せっかくのスマートさが生かせません。
購入前まで小型テレビがあった場所に、そのまま薄型テレビを起きたい場合は、「画面サイズ3割アップの法則」を当てはめるといいでしょう。つまり、25型なら32V型を、29型であれば37V型か40V型クラスを選びなさいということです。これは置き換えると、画面の設置位置が壁に近づくため、視距離が長くなります。それを3割アップで補うという考え方なのです。
African Edventure

おすすめ商品カテゴリー紹介

  • インパクトドライバーやグラインダーならリョービカテゴリー
  • 小物から大型製品まで、工具をお探しならトラスコ中山カテゴリー
  • ハンマービットから電動工具まで充実のボッシュカテゴリー
  • 防護服や防塵マスクのご用命は重松製作所カテゴリー
  • 高圧コンプレッサーやコーナードリルも充実の日立工機カテゴリー
  • 何かとお金がかかる引っ越しなので、引っ越し費用自体は安く済ませたいですね。一番安い業者を探せる一括見積もりや、荷造りのポイント、新居に入る前の確認点など、役立つ情報満載の引っ越し見積もりに関する専門情報サイトです。

コメントは受け付けていません。