最近は電動工具の種類も色々増えておりまして、建築の職人さん以外にもDIY(ディー・アイ・ワイ)として専門業者に頼らずに自分で解決する人が多くなっていると思います。しかしながらプロではなく、たまにしか電動工具を使いませんので慣れてはなく危険もいっぱいです。使い方を誤まると大きな事故につながってしまいます。電動ののこぎりや電動ドリルなど人に向ければ大きな怪我となってしまいます。

昔見た映画でリーサルウエポンと言う映画があり、確かパート2だったと記憶しているのですが、主人公のメルギブソンと敵役の悪い奴が工事現場で戦っているシーンがありました。メルギブソンは丸腰で敵役はピストルを持っています。メルギブソンは工事現場に合った釘打ち機でピストルのように撃って敵を倒していきます。記憶自体はあいまいなものですが、工事現場にある道具でピストルのように危ない道具があることに鮮明な記憶が残っています。

このように電動工具には危険な面も沢山あります。一般の人がホームセンターやネットショップで手軽に購入できるようになって、便利になっていますが正しい使い方をしなければならないと言うことです。コチラにも危険な電動工具について書かれていますのでご参考にしてみてください。