2012年5月21日に金環日食になるとの事で前の日までに専用のメガネを手に入れ、家族で見てみました。うちはマンションなので中庭に行ってみる登校前の小学生に混じって、お母さん、お父さんがたくさん集まっており、賑わっていました。ちょうど日食になる5分くらい前から見ていたのですが、ちょうど輪っかになったときには大歓声です。

周りを良く見てみるといろんな日食メガネというか日食グラスが合ってそっちが気になって観察していました。ちょっと年配のお父さんなどはテレビでしか見たことがなかったのですが、よく工場なんかで溶接に使うような片手で持つヘルメットというか顔を半分くらい覆うマスクをしてみていました。あれって目は痛まないのかなーと思いつつ見ていました。安全用品の部類に入るんですかね。

5分とか10分ぐらい見ていて輪っかが外れるとみんな気が済んだみたいで、息子も普通に学校へ行きました。通勤途中でも観測をしている人を見かけ、カメラの三脚などを使って撮影している人もいました。朝見た顔を半分くらい覆うマスクが気になって安全用品とかでネットで検索してみようかと思います。ちなみに次の金環日食は2030年に北海道で見れるそうです。