今、自分が住んでいるところは、マンションなので冬の暖房器具は基本は電気暖房となっています。危険だからでしょうが石油暖房は基本禁止となっています。よって冬の暖房はルームエアコンや電気コタツ、電気ホットカーペット、電気ストーブや電気ファンヒーターです。

実家はマンションではないので昔から石油ストーブや石油ファンヒーターを使っていました。電気暖房に比べると、石油暖房は格段に温まるのが早くなっております。電気暖房がいいのか、石油暖房がいいのかは、一概には言えませんが、どちらのタイプにしても一長一短があります。電気暖房のいいところは、まずは安全性が良い点です。あとはニオイや汚れにくい点もあります。一方、石油暖房は、温まり方が早いのが特徴となっています。あとは石油独特のにおいや、すすによっての汚れやすい点もあります。あとは光熱費ですが、少し前までは、石油の方が安かったかと思いますが、最近は石油の値段が高騰していますので、そんなに変わらないような気がします。ただ、電気代も、東北の震災の影響でだんだんと値段が上がっていきそうです。

どちらが良いかはなかなか判断できそうもありませんが、生活している環境に合わせるしかないのでしょうか。難しいところです。